鹿部町 鈴木昌志さん

おじさんプロフィール

  • お名前:鈴木 昌志(すずき まさし)

  • お仕事:製品開発研究会事務局長

  • 会える場所:道の駅運営協議会会長でもあるので、道の駅で尋ねてみよう!

  • 常に新しいことを考え続ける町のエジソン。
    鹿部で豊富に採掘できる軽石を使って魚を干す「軽石干し」を開発し、町の特産品に育てている。
    常に頭が回転していて話し出したら止まらない。でも時々みせるおっちょこちょいな一面が愛されキャラの秘訣!
  • 鈴木さんスタンプ


    おじさんインタビュー

    coming soon!


    おじさんの街~鹿部町


  • 人口:3,952人(2019年2月末)

  • 位置:道南地区 渡島総合振興局管内

  • 漁業が盛んな町。特にスケソウダラの水揚げが多いことで有名。
    温泉もたくさん出ており、全国でも珍しい間欠泉が噴き出る。
    間歇泉公園は道の駅として整備されており、鹿部町の観光の中心地となっている。
  • 鹿部町の位置

    おススメスポット

    しかべ間歇泉公園


    「おじさん」も大きく関わっている道の駅。約15mも吹き上がる間欠泉は見事。しかも、12分に1回規則正しく吹き上がるそうなので、もれなく楽しめるのも嬉しいところ。
    2018年には北海道遺産にも認定された。

    吹き上げたお湯を利用して足湯を楽しめるよう整備されていて、足湯に入りながら間欠泉が吹き上がる様子を見ることもできる。タオルも無料で貸し出してくれる。

    道の駅の館内には、地元の食材を生かした漁協運営の食堂が入っていたり、温泉の蒸気を利用した蒸し釜で自分で食材を蒸して食べられる施設などもあり観光客に人気である。

    売店も充実しており、おじさんのハンコもここで買うことができる。
    しかべ間歇泉公園
    岩礁を履いて2ショット
    鹿部町のことをもっと知りたい方は
    鹿部温泉観光協会のサイトへGO!