おじさんプロフィール

  • お名前:川端 隆(かわばた たかし)

  • お仕事:冒険家であり映像作家

  • 会える場所:観光協会にお願いすべし。

  • 羅臼の町を全国にアピールするため、たったひとりで流氷の上を歩いて知床半島を一周した、命知らずの冒険家!
    また、映像作家として羅臼の自然を先端技術で撮影し、最近はドローンでの4K撮影にも取り組んでいるそう。
    国内はもとより海外のテレビ局のロケでも案内してほしいとの依頼が頻繁に舞い込む。
    羅臼町観光協会の自然紹介映像も川端氏の作品である。
    流氷の上を歩いた笑いあり涙ありの冒険談長編インタビューは必見!
  • 川端さんスタンプ


    おじさんインタビュー



    おじさんの街~羅臼町


  • 人口:5,065人(平成30年9月末)

  • 位置:道東地区 根室振興局管内

  • 世界遺産「知床」(しれとこ)を擁する自然に恵まれた町。漁業と観光が盛ん。観光クルーズ船が何隻もあり、冬は天然記念物のオジロワシやオオワシ、夏はクジラやシャチを見ることができる。
    「おじさん」曰く、「知床という地名を持っているのは羅臼町だけなので、知床とは羅臼のことなのだ!」と強烈なこだわりを持っている。
  • 羅臼町の位置

    おススメスポット

    道の駅 知床・らうす

    羅臼の市街地入口に位置し、町の情報をまとめて入手できる場所。
    羅臼は昆布をはじめ海産物が豊富で、それらを買うも食べるもここ1軒で楽しむことができる。
    建物中央には観光協会の案内所があり「おじさん」に会いたいときはここでお願いしよう。おじさんのハンコもこの案内所で買うことができる。
    道の駅 知床・らうす

    羅臼ビジターセンター

    知床横断道の羅臼側登り口にある羅臼の自然を紹介する施設。
    知床で見られる野生生物のはく製や生態をわかりやすく説明する展示がならぶ。
    また、羅臼の四季を紹介する映像を楽しめるほか、野生生物に餌をあげることがどんな問題を引き起こすのかといった教訓も学ぶことができる。
    施設中央に展示されているシャチの骨格標本はその大きさに圧倒される。
    羅臼ビジターセンター
    岩礁を履いて2ショット
    羅臼のことをもっと知りたい方は
    羅臼観光協会のサイトへGO!