西興部村 浅野 和さん


おじさんプロフィール

  • お名前:浅野 和(あさの わたる)

  • 年 齢:44歳(2018年3月時点)

  • お仕事:ゲストハウス「GA.KOPPER」を経営。

  • 会える場所:お宿はもちろんのこと、西興部村のイベント会場で・・・

  • もともと札幌出身でありながら、ツーリングでいつも立ち寄っていた西興部に魅力を感じ移住。その後、廃校となった校舎を活用しゲストハウスを立ち上げ、旅の人たちを迎える側になる。
    「西興部の人」を意味する「ニシオコッパー」(nishiokopper)が転じた「コッパー」さんという名前のキャラを自ら考案し、村のイベントを盛り上げまくる。
  • 浅野さんスタンプ
    コッパーさん ← 中央がコッパーさん。

      西興部村を宣伝するため「ゆるくないキャラ」として活躍中!

      ちなみに、普段の浅野さんはコッパーさんのマネージャーということになっている。。。


    おじさんインタビュー

    札幌から西興部村に移住し、ゲストハウスを営みながらコッパーさんとしても村をPRする。
    その村おこしへの熱い想いをお聞きください!

    おじさんの街~西興部村


  • 人口:1,115人(平成31年1月末)

  • 位置:道北地区 オホーツク総合振興局管内

  • 酪農を中心とした一次産業が中心の村。
    街を訪れると公共施設のみならず一部の民家もオレンジ色の建物で統一されている様子に目を引かれる。
    ホテルや道の駅に「夢」の字を含めるなど、その景観とあわせて夢のある村づくりに向かう姿勢がにじみ出ている。
  • 西興部村の位置

    おススメスポット

    道の駅 フラワーパーク「花夢」

    道の駅ではあるが、その名の通りたくさんの花を楽しむことができる。
    館内には写真の「音木林」(おとぎばやし)と呼ばれるからくりオルガンもあり、夢のお花畑のような空間を演出している。
    おじさんのハンコもこの道の駅で買うことができるが、売店は定休日があるので注意が必要。
    ちなみに、「花夢」と書いて「かむ」と呼ぶ。
    道の駅 フラワーパーク花夢

    森の中のホテル「森夢」

    小さな村にこんな立派なホテルが!と驚くほどの施設。
    村の施設らしく、外観はオレンジ色でまとめられている。
    中のレストランでは地元の鹿肉を使った料理も食べることができ好評。
    鹿肉カレーはインタビューの中にも登場している。
    館内には気軽に入ってOKなので、是非味わってみてほしい。
    なお、この建物の呼び方は「森夢」と書いて「りむ」。
    森の中のホテル森夢

    ゲストハウスGA.KOPPER

    「おじさん」が経営するゲストハウス。
    築70年の廃校となった校舎をおしゃれに改築している。
    「おじさん」夫婦もライダーのため、ツーリング客は特に話が合う。
    季節ごとにイベントも開いていて、村の人々の交流の場ともなっている。
    西興部の観光や移住の相談にも快くのってくれるのでぜひ訪ねて欲しい。
    なお、道の駅の売店が休みの時はこちらでもおじさんハンコを入手可能。
    ゲストハウスGA.KOPPER
    岩礁を履いて2ショット 西興部のことをもっと知りたい方は
    西興部村のサイトへGO!